妊娠中に胃もたれで苦しんだときはどうすればよいのか

妊娠中は様々なトラブルに見舞われます。これはホルモンバランスの変化や身体の中に自分とは異なる異物を抱え込むことによる拒否反応など、あれこれと理由がつけられています。
 私の知人も妊娠中にとある症状で苦しみことになりました。それは胃もたれです。
 つわりで何度も戻してしまう妊婦の姿を思えば、胃もたれぐらい大したことがなさそうな印象があるのですが、彼女に言わせれば、仕事で旦那もいない家の中で、一人気持ち悪さと戦うのは、精神的にきついものがあった、とのことです。
 言われてみれば納得できる話です。彼女とその旦那さんの実家は、遠方にあります。ちょっと困ったから来てくれとは言いづらいのです。
しかし、一口に胃もたれと言ってもどんな感じがするのかと私が聞くと、まず膨満感に苦しむのだそうです。
 食事をしていなくても腹部が圧迫感を受けているような感じがし、それだけで気持ちが悪くなると言います。
 また、ゲップも大量に出たそうです。これは妊娠初期に起きがちなことで、消化不良から胃の中にガスがたまり、それが排出されることによりそうなると、彼女は教えてくれました。
 吐き気がする上にゲップが止まらない、しかも唯一頼りになる人は外出中と来れば、気が滅入るのも無理はありません。
 では、どのような方法でそれを乗り切ったのかと言いますと、食事の回数を増やすことと、一回当たりの量を逆に減らすことだったそうです。
 これは気持ちが悪くても、子供のために何か食べなければいけないというのが、妊婦からすれば相当なストレスになることに起因しています。
 一度に大量摂取するとどうにもならないぐらい気持ち悪くなり、実際戻してしまったこともあるそうですが、一日の食事の回数を6回とし、一回分をすぐに食べ終わる量にしたら、食べきらなくてはいけないという強迫観念が消え、すっと喉を通るようになったと言います。
 簡単につまめるものを、何でもいいから側に置いておくと便利だと彼女は補足説明してくれました。
 何事も一生懸命やるだけではなく、工夫が必要だと思わされる話でした。